【翻訳】マイクロサービス – 分散された大きな泥だんご

モノリシックがダメだからといって、マイクロサービスが解決策になるわけではない ソフトウェア開発業界は流行に左右されやすいという証拠に、今マイクロサービスが、いたるところで大騒ぎされています。”次の大ブーム”だと思う人もいるでしょう。また、(10年前に”上出来”と見なされたような)大型のSOA、サービス指向アーキテクチャが単に軽量化して進化したものだと捉える人もいるでしょう。私は現在のマイクロサービスアーキテクチャに関しては好意的に見ています。しかし、だからといってこのアーキテクチャは決して万能薬ではありません。言うまでもないことかもしれませんが、多くの人が間違った理由でマイクロサービスに飛び付いているように思えるのです。

Read more...

About the author

Simon is an independent consultant specializing in software architecture, and the author of Software Architecture for Developers (a developer-friendly guide to software architecture, technical leadership and the balance with agility). He’s also the creator of the C4 software architecture model and the founder of Structurizr, which is a collection of open source and commercial tooling to help software teams visualise, document and explore their software architecture.

You can find Simon on Twitter at @simonbrown ... see simonbrown.je for information about his speaking schedule, videos from past conferences and software architecture training.




Add a comment Send a TrackBack